不感症で悩んでいる方や興奮障害の方はラブグラで改善してみましょう。ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれる薬で、ラブグラを使うことで興奮度が増し、今まで以上の性行為が行えます。

  • ホーム
  • ラブグラはバイアグラと同じ成分が配合

ラブグラはバイアグラと同じ成分が配合

薬を飲む女性

性的興奮が思うように高まらない女性にとって効果のあるラブグラには、シルデナフィルと呼ばれる物質が含まれています。
この物質は、男性の勃起不全を治療する薬として知られているバイアグラにも含有されており、このことからラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれることもしばしばあります。
シルデナフィルは、PDE5(5型ホスホジエステラーゼ)阻害薬と呼ばれる種類に含まれる医薬品成分です。
PDE5はcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解する働きを持つ酵素で、これを阻害することでcGMPの濃度を高いまま維持します。
なぜ、cGMPの分解を抑制することが勃起不全の治療に効果があるのかを知るためには、陰茎の膨張と収縮の仕組みを理解する必要があります。
外部から性的刺激を受けると勃起神経(骨盤内臓神経)からの指令により、海綿体平滑筋にあるNO(一酸化窒素)作動性神経からNOが遊離されます。
このNOは平滑筋細胞内に取り込まれ、やがてcGMPがつくりだされます。
cGMPがつくりだされると平滑筋が弛緩して血管が拡張し、陰茎海綿体に流入する血液の量が増加します。
ある程度流入量が増えると陰茎は膨張をはじめ、白膜と呼ばれるかたい膜が引き伸ばされ、静脈も圧迫されていきます。
この状態がさらに進展すると、静脈は閉鎖されて流入した血液が行き場を失くします。
性交渉が終わって性的刺激を受けなくなると、PDE5の働きによってcGMPの分解が始まり、海綿体平滑筋は収縮を始めます。
これとともに、静脈の圧迫は開放されて滞留していた血液が陰茎から流れでていき、陰茎も収縮していきます。
勃起不全の患者は何らかの理由でNOの分泌量が減り、cGMPは十分に蓄積されない状態にならないままPDE5に分解されてしまいます。
これを解消するにはPDE5を阻害することにより、cGMPの不足を解消するのが有効であり、これを起こさせるのがPDE5阻害薬です。

人気記事一覧
サイト内検索