不感症で悩んでいる方や興奮障害の方はラブグラで改善してみましょう。ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれる薬で、ラブグラを使うことで興奮度が増し、今まで以上の性行為が行えます。

  • ホーム
  • ラブグラには食後の注意があります

ラブグラには食後の注意があります

ラブグラは女性用のED治療薬です。
頭では感じているのに濡れない、そのために挿入すると痛い、そもそも感じないし、クリトリスも勃起しないという女性に向いています。
主成分はバイアグラと同じく、クエン酸シルディナフルです。
クエン酸シルディナフルが毛細血管の拡張を邪魔するPDE5という酵素を阻害し、血管の拡張を助けることによって血行を良くします。
女性気の周りの血行を良くすることで、潤いを取り戻し、感じやすくしたり、クリトリスが勃起するのを助けるED治療薬です。

ただし、この治療薬にもバイアグラと同じく服用時の注意事項とがあります。
それは、空腹時か食後2時間以上たたないと服用できないということです。
服用しても効果があまり出ません。
その理由は、ラブグラの有効成分であるクエン酸シルディナフルが腸から体内に取り込まれて血管を拡張する際に、腸に食べ物が残っていると、それが吸収の妨げとなり、血管に取り込まれにくくなるからです。
それを防ぐために、服用時には空腹時かまたは食後2時間以上という制約があります。
そのため、食後2時間以内は服用ができません。
また、同じ理由で、九州の邪魔にならないように服用した後は、食後30分間1時間は食事を避けることが大切です。
それらを守れば、服用後1時間くらいでゆっくりと効いてくるのを感じます。
また、刺激がないのに、精神的におかしくなるという媚薬ではありませんので、服用の場所が職場でもどこでも大丈夫です。
持続時間は6時間から8時間です。
不感症やクリトリスが勃起しなかった女性などがラブグラを使うと、楽しいセックスライフを楽しめます。
服用後は、次回の服用まで24時間空ける必要があります。