不感症で悩んでいる方や興奮障害の方はラブグラで改善してみましょう。ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれる薬で、ラブグラを使うことで興奮度が増し、今まで以上の性行為が行えます。

  • ホーム
  • ラブグラには副作用があるのか?

ラブグラには副作用があるのか?

笑っている女性

ラブグラは女性の不感症や、性的な問題を解消する薬として開発されました。
性の薬は今まで男性用ばかりが作られており、女性の中には不満を感じていた方も多いようです。
男性用の薬は女性が服用すると、不感症などを解消できないばかりか、副作用を起こしてしまうリスクが高いと言われています。
女性用のラブグラが開発された事で、女性も性の問題を解消しやすくなりました。
ラブグラには不感症や性的興奮障害を解消できる、シルデナフィルという有効成分が含まれています。
性交渉を行う約1時間前程に服用すれば、性的興奮を得られやすくなるのです。
より効果を高めたいのであれば、空腹時の服用がおすすめとなっています。
また、脂肪分の多い食事をした後に服用すると、有効成分の吸収が抑制されてしまい、思ったような効果を得られないかもしれません。
脂肪分の多い食事の他に、アルコールも効果を減少させる要因となるので、ラブグラを服用する際は控えましょう。
服用後、30分から1時間程度で効果が現れます。
ただ、初めて服用するとい場合、規定の量を全て服用してしまうと効果が出過ぎてしまう恐れがあるようです。
最初は半分の量から試すなどして、少しずつ服用する事がおすすめです。
また、ラブグラは医薬品ですので、副作用があります。
服用する際は、どのような副作用が起こるのかをチェックしておきましょう。
ラブグラの副作用としては、頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、動悸、胃もたれなどの症状が挙げられます。
このような副作用が起こったら、服用をしないように注意する事が大切です。
続けて服用すると、より重篤な症状を引き起こしてしまうかもしれません。
もし、副作用を感じたら医師や薬剤師に相談しましょう。

人気記事一覧
サイト内検索